M/M memento / moment (メメントモーメント)

トレンドビジネスデジタル旅行デザインカルチャーフードライフオートモーティブファッション

4年に一度のサッカーの祭典を盛り上げる、応援グッズ

まもなく、ブラジルで4年に一度のサッカーの祭典、ワールドカップが始まる。日本時間の第1試合よりの決勝戦まで約1ヶ月にわたり開催される。


試合会場やベースキャンプ地の工事がまだ終わっていないなど、先行きを不安にさせるニュースも伝え聞こえてくるが、日本に居て出来ることといえば、応援メッセージを送り続けることだろう。
時差の関係で、日本時間では早朝や出勤時間帯に日本代表の試合が行われる。仕事を休んでテレビの前で応援を、と考えている方も多いのではないだろうか。


応援の際、ぜひ用意したいのが、公式の応援グッズであるカシローラ(Caxirola)。



4年前の南アフリカ大会で、ブーブーと鳴らして印象的だったブブゼラは記憶に新しい。カシローラはこのラッパで大会が盛り上がったことに触発されて、作られたとのこと。
今回はサンバのリズムにあわせて、シャカシャカとならし、大会に臨む選手に地球の反対側からエールを送ってはどうだろう。


通販できるECショップも数多くあり、応援にまだ間に合いそうだ。


日本代表のグループリーグ試合予定(日本時間)
コートジボワール
ギリシア
コロンビア


ブラジルについてもっと知るための記事はこちらから

この記事を見た人はこんな記事も見ています

W杯、日本は初戦黒星も渋谷の街はサポーターで大盛り上がり

日本時間の15日午前10時。多くの人が、日本のワールドカップ初戦、コートジボワール戦を見ていた。本田圭佑の先制ゴールに「これはいける!」と思った人も多かったのではないだろうか。だが、後半にはエース選手のドログバが投入されると試合の流れが一気に変わり、結局1-2で逆転負けとなってしまった。

日本の過去・現在・未来をテーマにした 新感覚アプリマガジン『japan jikkan』創刊!

日本の過去・現在・未来をテーマに、日本で育まれた文化や伝統、精神にふれるトピックを、写真・映像・音・デザインを駆使し、タブレットやスマートフォンを通して伝える新しい感覚のアプリマガジン、『japan jikkan(ジャパン・ジッカン)』。NTTドコモより、2014年8月18日(月)にApp StoreとGoogle Playで無料配信がスタートした。編集・制作を担当したのは、グラフィックデザインや映像のプロデュースなどを手がけるTGB lab。

「SONIA RYKIEL」のDNAを受け継いだ、都会的で遊び心のある「SONIA BY SONIA RYKIEL」

「SONIA RYKIEL」は今から半世紀前にパリで誕生したファッションブランド。デザイナーのソニア・リキエルはそれまで普段着だったニットをファッショナブルなアイテムに変貌させ「ニットの女王」と呼ばれるように。世界的に高い人気を誇っている。そんなDNAを受け継いだディフュージョンライン「SONIA BY SONIA RYKIEL」(ソニア バイ ソニア リキエル)がラフォーレ原宿1Fにオープンする。

パデュリエ(沼の人)が管理するフランスの塩

塩を意味する英語「salt」はラテン語の「sal」から来ていて、このサルは「salary(給料)」の語源にもなっている。塩は生活の必需品であるという理由から、塩が貨幣の役割を果たしていた時代があったからだ。社団法人日本ソルトコーディネーター協会代表理事である青山志穂さんに、フランスの塩についてお話を伺った。