M/M memento / moment (メメントモーメント)

トレンドビジネスデジタル旅行デザインカルチャーフードライフオートモーティブファッション

外出先でも来訪者と話せるインターホン「DooRBot」

DooRBotはカメラ付きインターホン。Wi-Fiを利用して、予め設定したスマートフォンで誰が来訪したか外出先からでもわかるようになっている。宅配便が自分がいない時に来て、不在票を受け取る方も多いのではないだろうか。そうすると後からネットで再配達を予約したり電話で再配達を連絡するという手間がかかる。でもこれがあれば、スマートフォンで宅配のドライバーの方に再配達を、そのまま依頼することができる。

DOORBOT02
また、海外に行くことが多い人は、しばらく戻れないこともあるかもしれない。そうすると不在票をみることもできなかったりして、気がついたら荷物の保管期限をすぎてたなんてことも。でもこのツールがあれば、ドライバーにお願いして品物を保管しておいてもらえたりする。

さらにコネクトするデバイスを増やせば、家のどこからでも受け答えすることができるという。取り付けについて、電源をとりまわしたらいいのかとか悩む人にも嬉しいのが、電池でも配線された電源でも動くという点。これなら設置が楽な方を選択すればよい。当然ながら防水仕様でさらに盗難防止の為に特殊なネジで設置するようにできている。 この商品はすでにAmazonで200ドルで販売でされているが、ネットショッピングが主流になっている今、こういったツールが増えていくかもしれない。

http://www.getdoorbot.com/

この記事を見た人はこんな記事も見ています

手軽に楽しめる贅沢空間「ワインハウス南青山」

11月に入り、そろそろボジョレーヌーボの解禁日が気になってきた。普段はワインを飲まなくても、この日ばかりは楽しむという人も多いのではないだろうか。そう、ワインを飲むというとどこか気取ったように聞こえる。昨年訪れたイタリアでは日本と少し違うようだった。気取って飲むワインのほかにも、レストランに入ると白か赤かだけ尋ねられラベルも貼っていないボトルで出されたワインもあった。どのワインもシーンと料理によく似合い、思い出深い。そんなワインとの付き合い方を懐かしんでいたころ、表参道におもしろい店がオープンした。

第3回 バーテンダーが教える バーの教科書

第1回、第2回とバーでのマナーについて書いてきた。今回、記事を書くにあたって、話を聞かせてくれたのは麻布十番にある「ザ バー オールド アンド ニュー アザブ」のオーナーである草川知浩氏。草川氏は高校卒業と同時に帝国ホテルに就職をし、そこでバーテンダーの仕事と出会う。また迎賓館担当としてアメリカ、ロシア、オーストリア、、ポルトガル、バングラデシュ、韓国という多くの国に対して、女王や大統領、首相への接待も経験しており、まさにおもてなしのプロといえるだろう。第3回の今回は、草川氏の人となりについて紹介していこう。