M/M memento / moment (メメントモーメント)

トレンドビジネスデジタル旅行デザインカルチャーフードライフオートモーティブファッション

期間はたったの3日間! 肉とマッチョを満喫できる限定ショップ「肉のサブウェイ」オープン

肉フェスの開催、熟成牛ステーキや牛カツ専門店など、こだわりの肉専門店が続々オープンし肉ブームが巻き起こっている外食グルメ業界。そのブームにのって野菜にこだわるサブウェイが11/27~11/29までの3日間、肉づくしのサンドイッチを販売する「肉のサブウェイ」を表参道に限定オープンしました。しかも期間中お店に行くと、筋肉自慢のスタッフと記念撮影ができるおまけつき。オープン初日の今日、肉もマッチョも満喫したい! と思い現地へ足を運んでみました。
サブウェイ2
初日は13時30分からのオープン。平日にもかかわらずお店の前には行列ができ、TV局の撮影も。

店の外観が肉色の赤に変わっていました。
サブウェイ1
mattyo
肉=マッチョということでしょうか? 店頭ではムッキムキのマッチョスタッフがお出迎え。
20分ほど行列に並んでいましたが、マッチョスタッフが「いらっしゃいマッチョ! ありがとうございマッチョ!」と場を盛り上げてくれるのでまったく退屈しません。

寒空の下、タンクトップ1枚で寒くないのか気になったのですが、マッチョいわく筋肉があれば袖なんていらないそうです。
撮影は大歓迎らしく、カメラを向けるとしっかりポーズをとってくれましたよ。

店内もしっかり肉仕様。
店内画像
店内2
肉のサブウェイ表参道店で販売されるサンドイッチは2つ。
人気商品「Big★ミートボール」(期間特別価格290円)と5種類の肉を一度に味わえる新商品「スペシャル肉サンド」(680円)。サンドイッチを買った人は、トクホの黒鳥龍茶がもらえるうれしいサービスつき。
ウーロン
今回は超ガッツリ系の「スペシャル肉サンド」をチョイス。肉サブウェイ
パンから溢れでるボリュームたっぷりな肉は、ローストビーフ、ローストチキン、ハム、生ハム、ベーコンの5種類。ほとんどパンの存在感はなく口に広がるのは肉の味のみ。“サンドイッチを食べている”というよりはもう完全に“肉”を食べている感じで、肉好きにはたまらない逸品となっていました。
今回の店舗は、これまでの“野菜のサブウェイ”のイメージを一新し、“肉”の力強さを表現したパワーみなぎる店舗になるとのこと。
“肉のサブウェイ”は肉好きの人、マッチョ好きの人どちらも楽しめる期間限定ショップになっています。期間は今日を合わせて3日間と短いですが、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗概要
・肉のサブウェイ
・東京都港区北青山3-5-25 下島ビル1F
・営業時間 7時~22時
※期間中マッチョがいるのは11時から15時の時間帯のみ。マッチョに会いたい!! という人は時間帯にご注意ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

和コスメブランドがフランスに進出!「チェリーマカロンの香り」のハンドクリームが限定発売に

「ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュ」で、8月30日(土)から10月18日(土)まで、衣・食・住・アートにまつわる日本を紹介する「ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ」展が開催される。会期中はベネッセアートサイト直島と建築家・安藤忠雄の作品展示や、ワークショップなども開催され、アパレルブランド、化粧品、雑貨等合わせて100を超える日本ブランドが出展予定だ。

パデュリエ(沼の人)が管理するフランスの塩

塩を意味する英語「salt」はラテン語の「sal」から来ていて、このサルは「salary(給料)」の語源にもなっている。塩は生活の必需品であるという理由から、塩が貨幣の役割を果たしていた時代があったからだ。社団法人日本ソルトコーディネーター協会代表理事である青山志穂さんに、フランスの塩についてお話を伺った。