M/M memento / moment (メメントモーメント)

トレンドビジネスデジタル旅行デザインカルチャーフードライフオートモーティブファッション

人気カフェが提案する、この時期しか味わえない「ホリデーメニュー」

米国では11月の最終金曜日をBlack Fridayと呼び(小売店が大きく黒字になることから)、年末商戦のはじまりと言われている。この日からクリスマスまでの期間はホリデーシーズンとして、限定のサービスをいたるところで目にすることが出来る。ここ日本でも同様に、ホリデーシーズンならではのサービスが多く存在するが、今回は人気カフェが提案する、この時期しか味わうことができない「ホリデーメニュー」の一部をご紹介。

スターバックスコーヒーの『ホット アップル』


1

スターバックス コーヒー ジャパンが、12月1日(火)より販売する『ホット アップル』。果肉がたっぷりと入った温かいりんごジュースに、ブラックティーとルイボスティーの2種類のティーを組み合わせた、“Drinkable Fruit”をコンセプトとしたフルーツの果肉感を楽しむタイプのホットドリンクになっている。

商品名 :『ホット アップル』

販売期間:2015年12月1日(火) ~ 2015年12月25日(金)(売り切れ次第終了)
販売価格:Short ¥420、Tall ¥460、Grande ¥500、Venti® ¥540
取扱店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)


コーヒービーン&ティーリーフの『アーモンドミルク カラメル ラテ』


2

1963年にロサンジェルスで創業し、今年の5月に日本初上陸したコーヒービーン&ティーリーフが提案する『アーモンドミルク カラメル ラテ』は、アメリカのホリデーシーズンによく使われる食材のひとつであるナッツをテーマにした商品。

エスプレッソをベースに、カリフォルニア産アーモンドを100%使用したアーモンドミルクにヘーゼルナッツフレーバーをあわせ、生クリームの上にカラメルソース、カラメルキャンディをトッピングしている。

商品名 : 『アーモンドミルク カラメル ラテ(Almondmilk Caramel Latte)』 
販売期間:
2015年11月18日(水)~2016年1月中旬(売り切れ次第終了)
販売価格:
Regular 650円(税込)Large  690円(税込)
取扱店舗:
日本国内のコーヒービーン&ティーリーフ

 

コメダ珈琲の『チョコノワール』


3

全国に600店舗以上展開している名古屋発祥のコーヒーショップ、コメダ珈琲店の『チョコノワール』は昨年発売し、人気を博した。コメダコーヒーの看板メニューと言えるほどの『シロノワール』をデコレーションした商品。

クリスマスをイメージして、チョコレートソース、フィアンティーヌ(サクサク食感の薄焼きクッキー生地)、さらに粒イチゴを使用した食べ応えのあるイチゴソースをトッピング。今年は数量限定で、三角形のおじさんチョコレートで飾りつけを行っており、昨年よりもグレードアップしている。

商品名 : 『チョコノワール』
販売期間:2015年12月1日(火)〜2016年1月14日(木) ※予定
販売価格:490円(税込)
取扱店舗:全国のコメダ珈琲店舗 (一部店舗を除く)
 

通常より見た目も豪華で特別感のある「ホリデーメニュー」を味わうことで、本格的なホリデーシーズンを楽しんでみてはいかがだろうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

マリー・アントワネットが過ごした自分だけの秘密の離宮「プチ・トリアノン宮殿」

プチ・トリアノン宮殿の建築は、建築家アンジュ=ジャック・ガブリエルの最高傑作の1つである。彼は「ギリシャ風」と呼ばれた当時の最新流行の様式を反映し古典的な要素が再び取り入れた。3階建てのこの宮殿には、各階ごとに見どころがあるが、2階のマリー・アントワネットの居室がその特徴を最も表現している。植物をモチーフにした可憐な寝室、ゲームや音楽に興じた、バラやユリの花をモチーフとした装飾が美しい付き添いの間など、ヴェルサイユ宮殿の雰囲気とは全く異なり、愛らしいともいえる雰囲気なのだ。

ノミカタリストひとり旅【ブラジル編】

2年前にブラジルのリオデジャネイロを訪れていた。国連が主催の地球サミットに参加していたので、仕事なのだがやはり気になるのが現地の食事やお酒。現地の人と同じように夕方に仕事を切り上げて、街を散策するのが滞在中の日課になっていた。 実は2年前にブラジルのリオデジャネイロを訪れていた。国連が主催の地球サミットに参加していたので、仕事なのだがやはり気になるのが現地の食事やお酒。現地の人と同じように夕方に仕事を切り上げて、街を散策するのが滞在中の日課になっていた。